第126号
2018年5月7日発行
 ◇ Contents    
子育てママに聞くこんな佐倉市だったらいいな   (司会:伊藤とし子)
続報 佐倉南高と東高定時制がなくなる!   市議 大野ひろみ
トラブル続出 日本年金機構   市議 伊藤とし子
佐倉でも進む子どもの貧困   市議 五十嵐ともみ
講演会「タネはだれのもの?」   食と農プロジェクト 松島こずえ
根上がり調査 報告書ができました    
千葉県に新たな石炭火力発電所建設計画が・・・ --- 県議会報告 --- 県議 入江あき子
ただ今、「安倍9条改憲NO!3000万署名」を集めています。    


子育てママに聞く         
     こんな佐倉市だったらいいな

 子育て真っ最中のママさん3人に集まってもらい、子育てに関すること、市にこんなことを要望したい、今関心のあることなど、話してもらいました。(司会:伊藤とし子)



子育て情報はどこから?

川口 佐倉市では3年くらい前からカラーの子育てガイドブックが出ていて、今、第2版が発行されているけど、あれはいいなと思って。
松島 イベントやサークル、お店の情報とか、いろいろな情報が載っていて、子育て中のママには便利ですね。評判がいいですよ。
箕輪 さくら子育て応援団の子育てカレンダーは、すごく小さな団体まで網羅していて、あちこちのイベントが一目瞭然。裏が1カ月分のカレンダーになっていて、自分の必要な情報を見つけやすいですね。
川口 レイクピア3階の子育て支援センターや公民館、図書館などに毎月置いてあります。

子育て情報誌

保育園に入れない?

川口 佐倉市では最近、保育園に入れないという話は聞いたことがないんですが、どうですか?
伊藤 4月には卒園する子がいて、入ってくる子がいて、待機児童がゼロになりますが、そのあとどんどん増え、翌年の3月がピークです。今年は233人でした。でも、八千代や船橋に比べたら、佐倉は待機児童は少ないほうですね。
箕輪 息子に障がいがあって、何カ所か回った保育園には断られたり、いい反応がもらえませんでした。でも、「食」に取り組んでいる佐倉東保育園に行ったところ、しっかり話を聞いてくれて、1年間お世話になり、うれしかったです。

子育てと仕事

松島こずえさん
松島こずえさん
(小学1年生と年中さん)

松島 介護でフルタイム勤務が無理になったベテラン保育士が、一度辞めて公立保育園にパートで復職したら、資格がない人とほぼ同じ時給。しかも雑用的な仕事が多く、ストレスが溜まったとか。せっかくキャリアがあるのにもったいない。
伊藤 今年4月から法律が改正されて、5年雇用されたら非正規から正社員へ変更できるようになりましたが、公務員は別です。
川口 育休はまだまだとりにくい。仕方なく仕事を辞めたら、再就職しようと思っても、仕事が先に決まらないと、保育所にも入れない。母親が仕事を続けるには、子どもを預ける仕組みの充実がますます必要になりますね。























































子育てママに聞く


佐倉市にこんなサービスを

川口 八千代市の図書館のようなショート託児サービスがあるといいですね。登録制で6カ月から未就学児を予約なしで預かってくれます。佐倉市にもほしい。
箕輪 その時、絵本を読んでくれたり、紙芝居をしてくれるボランティアがいるといいですね。
伊藤 ぜひ、市議会で提案していきたいです。
松島 草ぶえの丘のイベントはとても楽しいですが、就学前の子ども向けの企画をもっと増やしてほしいです。

子育てしやすい佐倉市に

松島 小学生になると、いざという時の預け先がありません。一時預かりのような場所があれば助かります。私たちの世代は親が現役だったり、実家が遠くて預けられないという人もいます。低学年ではお留守番も難しい。ファミリーサポートの他にも選択肢が増えればいいですね。


 川口えみさん
川口えみさん
(年長さん)

川口 小学校で使う算数セットの名前付けが大変らしいですね。2年くらいしか使わないし、学校が購入し、貸し出す仕組みを作ってほしい。みんなで大事に使うことも学べると思います。

箕輪ともみさん
箕輪ともみさん
(年長さんと2歳)

箕輪 息子には重度の知的障害があり、時々「どう接したら いいかわからない」と言われますが、一般の人と障がい者の接点が少ないからでしょうか。障がい者に対する理解と心のバリアフリーが広がるよう、幼少期からどの子も一緒に育ち合う場をたくさん作ってほしいです。

top

続報 佐倉南高と東高定時制がなくなる!

市議 大野ひろみ

市議 大野ひろみ  
ブログ「大野ひろみのクラクラサクラ」

  通信125号1面でお知らせした佐倉南高全日制と、佐倉東高定時制が廃止される問題の続報です。  3月市議会で質問したところ、多くの問題点が浮き彫りになりました。




三部制定時制って何?

 南高全日制と東高定時制が廃止され、新たに南高に設置される「三部制定時制」。午前・午後・夜間の三部に分かれ、単位の取り方次第で、これまで4年だった課程を、3年で卒業できるという制度です。
 不登校経験者や、外国がルーツの子どもの受け皿になると言われ、文科省が推し進めていますが、大きな問題があります。

放課後がない学校

  これまで一日を学校で過ごし、放課後は部活や友達との語らいで過ごせた高校。三部制となるとそうはいきません。一日が3つにコマ切れされるので、午前部と午後部は放課後がなくなります。部活も十分できず、先生と生徒の面談・相談時間も取れません。しかも南高の場合、立地条件が悪すぎます。

なぜ、佐倉南高なの?

  佐倉南高は、JR佐倉駅から徒歩25分、京成佐倉駅からは1時間近くもかかります。夜9時台、2便しかないバスを逃せば、調整池と山林に挟まれた道を長時間歩かなければなりません。京成佐倉までのバス代は1カ月9300円もかかります。
 交通の便が良く、夜間定時制では県内一の人気を誇る佐倉東高の定時制をつぶしてまで、南高に三部制定時制を置く理由が分かりません。





























激化する高校受験

 南高全日制には、佐倉市内から毎年50〜60人が進学します。市内に4つある全日制が3つに減れば、競争率が激化するのは目に見えています。しかも、市内の中卒者数は4年後には現在より113人増えることが分かっています。

教育長の答弁にがっかり

 南高の交通の便の悪さを指摘したところ、教育長は「印旛地区では富里、下総、八街等、交通不便な高校は多い。学びには負荷がかかることも教える必要がある」と答弁。しかし、これらの高校はすべて全日制。夜間の生徒に対する認識も責任感もありません。負荷よりも、通学の環境整備を考えるのが行政の責任ではないでしょうか。

突然の1年延期

 市民団体から今回の廃止案を見直すよう求める請願が県議会に出され、市民ネットワークでも、同趣旨の意見書を市議会に提出。いずれも不採択となりましたが、3月20日の県教育委員会会議で、廃止が2021年から2022年に1年延期となりました。理由は「生徒への説明不足」。少しは私たちの反対運動が功を奏したようです。今後も真摯に取り組んでいきます。

top


トラブル続出 日本年金機構

市議 伊藤とし子

市議 伊藤とし子
  ブログ「伊藤とし子のひとりごと」

  3年前、125万件もの個人情報が流出した日本年金機構で、またもや情報管理のずさんさが明らかになりました。「消えた年金問題」は未だ、解決していません。いい加減な体質は相変わらずです。


えっ!年金が少ない

 昨年8月、年金受給者に「扶養親族等申出書」が送られてきました。一昨年まではハガキにチェックするだけでしたが、29年度分は扶養親族の個人番号欄が設けられたため、A3表裏に記入欄があり、専門家でさえわかりづらいという代物でした。そのため、未提出や不備があった対象者の2月支給の年金額が少なくなり、大騒ぎとなりました。その数130万件。
 しかも、きちんと申出書を出したにもかかわらず減額された人もいたので、年金機構が528万件を再検査すると、入力ミスは32万件もあり、さらに配偶者等の氏名入力ミス55万件も判明しました。

「安かろう悪かろう」の年金機構

 3月中旬、この入力業者が中国の事業者に、禁止されている再委託をしている記事が報道されました。
 この原因は人手不足に加え、年金機構が「安さ第一」で事業者選定をしたからです。事業開始直後、入力作業者が1400人必要なところ129人しか集まらず、入力ミスも続出しました。しかし、何ら対策もせず、目をつぶってやらせてきました。これだけの大騒ぎになってやっと、他の事業者に変更したのです。

個人情報







































責任は年金機構と国に

 年金機構は経費節減のため外部委託を進めてきました。しかし、「年金業務は個人情報の塊」と言われるほどで、職員は守秘義務があります。外部委託などをせず、職員の身分保障を行い、秘密保護の研修をして、業務を遂行すべきです。現に直接雇用で対応している官庁もあり、見習うべきです。
 国はマイナンバー制度で問題が起こった時は、「個人情報保護委員会が監督、指導、立ち入り調査をするから大丈夫」と説明していました。しかし、問題が発覚し始めたころ委員会は立ち入り調査をしていますが何も発見できませんでした。
 国も年金機構も無責任な体質を改めるべきです。

いらない年金にマイナンバー

 現在、年金事務は基礎年金番号と住民票コードで問題なく行われています。また、マイナンバー記載は義務付けられていません。これまで通り、マイナンバーなしで管理していく方がムダな費用もかからずトラブルもなく安心です。

       * *

 一度流出した個人情報は取り戻すことができません。勝手にプロファイリングされた個人像は、本人の知らないところで拡散され、消せません。
「書かない番号、持たないカード」を合言葉に、引続きマイナンバー問題に取り組んでいきます。

*下記の動画で分かりやすく解説しています。どうぞご覧ください。↓

「どうなってるの?年金データ 大丈夫かな?マイナンバー Part@ 年金データ流出」https://youtu.be/NnsmUjNWj1Y

「どうなってるの?年金データ 大丈夫かな?マイナンバー PartA マイナンバーの狙い」https://youtu.be/CeMbeNVJg7U

top

佐倉でも進む子どもの貧困

市議 五十嵐ともみ

市議 五十嵐ともみ     

 子どもの貧困率は2015年時点で13.9%、7人に一人が貧困という結果を厚労省が発表しました。
 2012年より2.4%改善したといわれていますが、果たして実態はどうなのでしょうか?


佐倉の子どもたち

 貧困率を出すには複雑な計算が必要なので、市町村では出せませんが、一つの目安として、就学援助を受ける子どもの数があります。
 就学援助は、生活保護には至らないけれど困窮している家庭に、学用品や給食費、修学旅行費などを補助する制度です。佐倉市で就学援助を受ける小・中学生は、年々増えています。子どもの貧困が進んでいることがわかります。

就学援助受給児童・生徒数の推移
児童・生徒数の推移

きめ細かな暮らしの調査

 全国の自治体では子どもの貧困対策に真正面から取り組むため、保護者や子どもたちに次のようなきめ細かな調査を行っています。大田区では保護者に、「医療機関に子どもを受診させなかった理由、相談相手や頼れる人がいるか、海水浴・美術館・キャンプなどの活動体験があるか」、小学5年生には「学校の授業が分かるか、毎日肉魚・野菜・果物を食べているか」などを聞いています。調査の結果、困窮世帯では、経済的な問題だけでなく、人とのつながりや様々な体験の少なさが浮かび上がりました。しかし、佐倉市はこのような調査は行っていません。





































貧困に向き合う自治体

 静岡県島田市では、夏休みになると給食がなくなるため、食事に不安を抱える家庭にフードバンクと連携して「夏休み食糧支援プロジェクト」を実施。そのあとも継続して支援することを目的にしています。
 千葉市では「子どもナビゲーター」事業を開始。社会福祉士などの専門職が、経済的に恵まれない家庭の子どもの学習や基本的な生活習慣を身につける手助けを行い、親を含めて支援しています。
 また、全国でも多くの自治体が、子ども食堂に補助金を出しています。しかし、佐倉市はいずれの取り組みも行っていません。

佐倉市も本腰を!

 3月議会で大田区のような調査に基づいた貧困対策が必要と質しましたが、「既存の生活保護等のデータで充分」という大変残念な答弁。
 現在、子どもの貧困対策は子育て支援課が担当になっていますが、この課は保育が中心であり、貧困対策はほとんど行っていません。そこで、学習支援、食の支援、生活支援、虐待問題など、多岐にわたる課題を一カ所で対応できる新しい課を立ち上げることを提案します。
 今後もこの問題に真摯に向き合うよう、求めていきます。

静岡市のフードバンクを訪ねて
静岡市のフードバンクを訪ねて 1/31

フードバンク:企業や家庭などから賞味期限前の食品の提供を受け、
必要としている人たちや施設へ無償で届ける活動。
 さくらネットは、フードバンクちばの拠点になりました。

●回収している食品  ・賞味期限まで2カ月以上あるもの・常温保存の未開封の食品




講演会「タネはだれのもの?」

講演する山田正彦 さん
講演する山田正彦 さん

 4月14日、佐倉市立美術館ホールにて、元農水大臣の山田正彦さんを講師に、種子法廃止とこれからの日本の農業について語っていただきました。報道されず世間に認知されていない種子法廃止ですが、具体的にどうなるのか、何が問題なのか、内容の濃いものとなりました。生産者の方も、たくさん参加されました。
 日本の主食であるお米は種子法によって守られてきました。それが種子法廃止によって、モンサント社など多国籍企業が種モミを独占するようになります。農家は優良品種の種モミを、現在の4〜8倍の価格で購入しなければなりません。また、肥料・農薬などの資材はすべて企業からの購入が義務づけられ、収穫したお米は企業の指定先以外に出荷することはできなくなります。
 いずれ日本も遺伝子組み換えのお米を作付けするようになるとか。某企業では実験圃場で試験栽培を始めているそうです。
 では、私たちにこれから何ができるのか。署名を集めるだけでなく、千葉県に種子法に代わる条例を制定するよう、働きかけることが重要です。すでに、埼玉県、兵庫県、新潟県では条例化しています。
 今後もさくらネットでは、食と農プロジェクトで、種子法廃止のその後を追っていきます。

食と農プロジェクト 松島こずえ


根上がり調査 報告書ができました

街路樹

公園内はサシバの営巣地 市内のあちこちで、街路樹の根っこが歩道を押し上げる「根上がり」が増えています。つまづいたり、転んだりする人が続出し、問題となっていますが、市の根上がり対策の予算は少なく、市内全体の調査も行われていません。
 そこで、さくらネットでは通信で「根上がりに困っていませんか?」と呼びかけたところ、50通以上の返信がありました。その中からピックアップした15カ所の調査を、地域の方と一緒に昨年6月から11月にかけて行い、根上がりだけでなく側溝など様々な問題が明らかになりました。
 その結果を冊子にまとめました。地図や写真がいっぱいの読みやすい内容です。ご希望の方は無料でお分けしますので、事務所までお越しください。


top

県議会報告

全国一の発電量

千葉県に新たな石炭火力発電所建設計画が・・・

 

県議 入江あき子 2011年3月福島原発事故後、世界のエネルギー政策は「脱原発」「脱炭素化」「再生可能エネルギー推進」へと大きく舵を切っています。ところが、日本政府はこの流れに逆行し、原発再稼働や新たな石炭火力発電所建設を推し進めています。

県議 入江あき子  
ブログ「入江あき子の県議会日記」
URL http://irieakiko.jp/


原発3基分の石炭火力発電

 この千葉県でも、2カ所の石炭火力発電所計画が動き出しています。千葉市中央区蘇我地区と袖ヶ浦市に、出力合計約307万キロワット(原発3基分に相当)の新設計画で、2024年以降の運転開始予定。現在、事業者による環境影響調査が行われている段階です。電力自由化に伴い、事業者は安価な電力を売り出すために石炭火力発電に乗り出していますが、千葉県民にとっての必要性は全くありません。

電力は余っている

 東京湾に面した臨海コンビナートにはすでに十数カ所の火力発電所が集積し、首都圏のエネルギー供給基地となっています。千葉県の発電量は約1億4百万メガワットアワーで、全国第1位。その主な内訳は火力発電が約99・4%で、再生可能エネルギーはわずか0・6%。県内での消費は3割程度で残りは県外に送られ、エネルギーは供給過多の状況です。

メガワットアワー=1000キロワットアワー
















空も海も汚さないで!

 何よりも、発電所建設による環境悪化が目に見えています。石炭を燃やすことで水銀等の重金属、Sox(硫黄酸化物)、NOx(窒素酸化物)やPM2.5等の汚染物質が大気中に放出され、喘息や肺がんなど健康被害の恐れがあります。多量の二酸化炭素の排出は温暖化対策にも逆行し、温排水による海への影響も無視できません。また、すでにあるLNG(液化天然ガス)火力発電所等との複合汚染の問題も検証されていません。
 建設予定地では周辺住民が「反対」の声をあげています。市民ネットも連携して署名活動やアンケート調査、学習会の開催、行政への働きかけを行ってきました。環境NGOによるシミュレーションでは、佐倉市にもPM2.5 等の汚染物質が流れてくることが分かりました。決して他人事ではありません。

県民の健康を最優先に

 2017年3月、山本前環境大臣は蘇我火力発電所計画に対し、「地球温暖化の懸念がある」と再考を促す意見書を公表。後任の中川環境大臣も「石炭火力発電の新増設は経済性だけで判断すべきではない」という趣旨を述べています。
 今後の手続きにおいて、千葉県は国から7月2日までに知事意見を出すよう求められています。引き続き森田知事に対し、県民の健康と環境を守るため、新たな石炭火力発電計画に「反対」すべきと訴えていきます。

東京湾火力発電所分布

東京湾火力発電所分布
(NPO法人気候ネットワーク資料に基づき作成)



ただ今、「安倍9条改憲NO!3000万署名」を集めています。ネット事務所に署名用紙があります。ご協力ください。

 多くの方から、ネット事務所に続々と署名が 届いています。ありがとうございます。みん なで3000万筆に向けてがんばりましょう!

署名活動
駅頭で署名活動実施中

top

★ネット会員募集中! さくら・市民ネットワークでは、みんなで話し合い、企画を立て、調査や学習を重ねながら、様々な課題や問題に取り組んでいます。ご一緒に活動しませんか?
★ネット通信を配布してくださるボランティアの方も募集中(年4回発行。夏号は新聞折込)。
★お声をかけてくだされば、議会報告に伺います!
★ネットギャラリー展示ご希望の方はお声掛けください。(無料)

top
Home Page へ戻る